農学博士 児玉不二雄のWeb講座 植物の病気の話

  1. ホーム
  2.  農学博士 児玉不二雄のWeb講座 植物の病気の話
更新日:2013.12.24(火)

第12話 タマネギの紅色根腐病(コウショク・ネグサレ・ビョウ)

 肉食獣のライオンと草食動物のシマウマ(縞馬)の話から始めます。ライオンが生きて行くためには、シマウマを食べなくてはなりません。それが自然界の「掟」なのです。病原菌と作物の関係も同じ。病原菌(カビ)は、作物を食べなくては生きていけないのです。作物にしがみついて栄養をいただくので、病原菌は「パラサイト(parasite=寄生者)と呼ばれることがあります。そして、パラサイトに食べられた作物の姿――それが病徴(※第1話参照)なのです。さて――。

《 病徴 》 
 タマネギの紅色根腐病には3つの病徴があります。その第一は、その名の通り根がピンク色になり、腐敗することです。健全なたまねぎに比べて、根の本数が少なく一本一本が貧弱なことにも注目してください。英名ではpink root rot(紅色・根・腐る)といいます(文末注を参照)。 第二は、根の生育が抑制されることによって、地上部の茎葉が枯れ込むことです。特に葉の先端が白っぽくなるのが特徴です。そして最後に、タマネギの鱗茎(※第5話参照)(球:タマ)が小さくなることです(写真1、2、3、4)。

▲(1)左:発病株、右:健全株▲(2)葉の先端が白くなっています
▲(1)左:発病株、右:健全株              ▲(2)葉の先端が白くなっています
▲(3)地上部の茎葉が枯れ込んでいます▲(4)左 2個体:健全株、右 4個体:罹病株
▲(3)地上部の茎葉が枯れ込んでいます       ▲(4)左 1個体:健全株、右 4個体:罹病株

《 実験で確かめる―病原性― 》
 この病気で鱗茎が大きくなれないことは、最近の実験で確かめられたことです。写真5を見て下さい。右側が病原菌を混ぜた土壌(病土)、左側が病原菌を含んでいない土壌(健全土)です。こういう比較によって、病原菌の能力(病原性)を確かめます。病土の方は、根が貧弱でタマも小さいですね。健全なもに比べると重さが1/3くらいしかありません。つまり病原性があったということになります。病原性を確かめることは、病徴を実験で再現させることでもあるのです(写真6、7)。

▲(5)健全土と病土での生育の比較
▲(5)健全土と病土での生育の比較
▲(6)収穫時の鱗茎:上・健全土、下・病土▲(7)収穫時の根の症状:左・健全土、右・病土
▲(6)収穫時の鱗茎:上・健全土、下・病土      ▲(7)収穫時の根の症状:左・健全土、右・病土
▲(8)培養中の病原菌 上段:シャーレの表面、下段:シャーレの裏側
▲(8)培養中の病原菌 上段:シャーレの表面、下段:シャーレの裏側

《 病原菌と寄主範囲 》
 病原菌はSetophoma terrestris (セトフォーマ・テレストリス)です。土中に住んでいるカビです(写真8)。ここでもう一度ライオンの話に戻ります。ライオンはシマウマ以外の動物も獲物にします。この病原菌もタマネギ以外の植物を獲物にします。その植物のことを寄主(キシュ)または宿主(シュクシュ)といます。獲物の種類が多い病原菌は、寄主範囲が広いということになります。ちなみにSetophoma terrestris(セトフォーマ・テレストリス)の寄主範囲は、タマネギのほかに長ネギ、ニンニク、ニラ、ラッキョウ、メロン、ジャガイモなどと多彩です。

今回のキーワード:寄主、パラサイト、病原性、寄主範囲
写真:著者